ジョブマッチング

ホーム > ジョブマッチング

Job Matchingとは、現在求人中の方と、求職中の方が互いに大会への参加の機会を利用して、面接や情報交換を行える場です。
Neuroscience2017では無償でJob Matchingの機会を提供する取り組みを行います。

 

開設日時:2017年7月20日(木)~22日(土)  9:00~10:30, 14:00~17:00 (22日は16:00まで)
会場:国際会議場1階 第2応接室

 

求人・求職情報を募集します!

 

求人情報をお持ちで、大会での情報公開、面接等が可能な団体、個人の方、また国内、海外の研究機関や企業の職をお探しの方は下記までご連絡下さい。

 

【求職について】

掲示希望記事(年齢、学位取得年、習得技術、興味のある分野など)と、掲示はしないが面談を希望した求職者に限って閲覧可能な情報を分けてお知らせください。留学やアカデミアでの職を希望しているのか、企業への就職を探しているのか、あるいは両方なのかも記入して下さい。

大会開催前から大会HPに掲載させて頂きます。
日本神経科学学会事務局 平地宛にメールでお送り下さい。
メールアドレス:office@jnss.org

求人情報(新着順)

6月7日

募集ポスト ポスドク、ユタ大学生物学部山口研究室
勤務地

米国ユタ州ソルトレイクシティ

分野 カエルの発声回路をモデルとしたセントラルパターンジェネレーターの研究
研究内容 The successful candidate will work on a project investigating the cellular and synaptic mechanisms underlying rhythmic vocal production in the African clawed frog, Xenopus laevis.  A unique feature of the Xenopus vocal system is that we can study the functional properties of the vocal pathways in vitro using a “singing brain in a dish” preparation that we previously developed.  By applying a variety of experimental tools including electrophysiological, pharmacological, immunohistochemical, and optogenetic techniques that we are more recently developing, we will strive to answer how neurons function together to generate male- and female-specific vocal rhythms in an androgen-dependent manner.  The position is funded through an NSF grant, and available starting immediately.  A background in cellular neurobiology, systems neuroscience, or electrophysiology is preferred for postdoctoral candidates.  In addition to receiving a strong training in cellular and systems neuroscience, the collaborative nature of the research program together with the diverse faculty in the neuroscience community on campus provides an opportunity to pursue various directions of research including computational neuroscience, optical imaging, and molecular neuroscience. 
応募方法

以下の書類をa.yamaguchi@utah.eduまでお送りください。
1.CV
2.これまでの研究内容(2ページ以下)
3.推薦者の連絡先

応募の際の言語は英語でも日本語でも可能です。
HP http://bioweb.biology.utah.edu/yamaguchi/
任期 1から3年
応募資格 神経生理学(cellular and/or systems、電気生理学等)の分野で研究経験のあるPh.D取得者、または取得見込みで、上記の研究に興味のある方。

6月5日

Position available Four postdoc positions available in developmental neurobiology labs in Washington DC
Research

Torii and Hashimoto-Torii labs at Children's National Health System in Washington DC have four opening postdoc positions supported by NIH funding. These positions will be paid according to the NIH payscale. Health insurance and other benefits will be provided by Children's National.

Two of the positions seeks a person who has a strong background in molecular biology, biochemistry or systems biology (bioinformatics). The other positions are available for who has experience in in vivo imaging or electrophysiology. Each will have a primary position in either of the two labs. However, since Torii lab and Hashimoto-Torii lab closely collaborate and share the resources, they are expected to join the collaborative projects between the labs.

Research in the Torii lab focuses on deciphering the complex mechanisms of cell positioning and neural circuit formation in the developing cerebral cortex, and translating the findings into the development of novel therapeutic approaches for neurodevelopmental disorders such as schizophrenia and autism. Toward this goal, the lab uses various tools and techniques, including in vivo gene manipulation, induced pluripotent stem (iPS) cells, transgenic animals and animal disease models, proteomic and transcriptomic analyses, and cell transplantation.

The Hashimoto-Torii lab seeks to understand how an adverse prenatal environment interacts with genetic predisposition, thereby increasing disease susceptibility after birth. Harmful conditions, such as hypoxia, exposure to excessive levels of heavy metals, and maternal smoking and alcohol intake are thought to reprogram normal fetal brain development and consequently increase the incidence of many childhood disorders, including lower birth weight, SIDS, pediatric epilepsy, schizophrenia and ADHD. However, the mechanisms underlying such reprogramming remain unknown. With a focus on the cerebral cortex, the team tackles this question through a combination of wet and dry analyses using mouse and human research models. The lab is also testing novel drugs and devices to improve behavioral problems in the offspring after in utero exposure to harmful agents.

If interested, please send a statement of your research interests and career goals, along with your CV and contact information of two references to mtorii@childrensnational.org and khtorii@childrensnational.org.

Lab HP:
https://hashimototorii.org/

Recent publications:
https://hashimototorii.org/publications/

Contact

Masaaki Torii, Ph.D.
Kazue Hashimoto-Torii, Ph.D.
Principal Investigators, Center for Neuroscience Research
Children's Research Institute, Children's National Health System
Assistant Professors, Department of Pediatrics, Pharmacology and Physiology
The George Washington University School of Medicine and Health Sciences

111 Michigan Avenue, N.W.,
Washington DC, 20010-2970
Ph: 202-476-4279 (Torii), 4449 (Hashimoto-Torii)

5月26日

Position available Postdoctoral fellows at Lee Kong Chian School of Medicine, Nanyang Technological University and Imperial College London, Singapore
Research We are seeking 2 postdoctoral fellows to study neural circuits and behaviour using 2-photon calcium imaging in behaving mice. These positions are available for the following projects.
  1. Mouse behaviour and its modelling. Optical and electrical interrogation of cortical dynamics during learning and sleep.
  2. Understanding regulation of adult neurogenesis in the dentate gyrus using 2-photon calcium imaging in virtual reality (in collaboration with Tashiro lab).
Reference Makino et al. Neuron (2017) 94 880-890
Makino et al. Neuron (2016) 92 705-721
Makino and Komiyama, Nature neuroscience (2015) 28 1116-22
Tashiro et al. Journal of Neuroscience (2007) 27 3252-9
Tashiro et al. Nature (2006) 442 929-33
Requirements PhD in neuroscience or related field.
Programming skill (e.g. MATLAB, LabVIEW).
Candidates with a strong background in computer science, engineering and mathematics are encouraged to apply.
How to apply Please directly email your application including a cover letter, CV and names and email addresses of 2 referees to Hiroshi Makino (hmakino@ntu.edu.sg).
Contact Hiroshi Makino PhD
Nanyang Assistant Professor
Lee Kong Chian School of Medicine
Clinical Sciences Building
11 Mandalay Road
Singapore 308232
Email: hmakino@ntu.edu.sg

5月24日

募集ポスト Postdoctoral Fellow
勤務先 University of North Carolina at Chapel Hill
研究内容 髭ラボではショウジョウバエをモデル生物として、動物の学習・記憶、行動選択(意思決定)のメカニズムを研究します。In vivoにおける電気生理学的手法および二光子イメージングを用いて、シナプス可塑性から神経回路機構、そして行動出力に至るまでの現象を幅広く解析します。ショウジョウバエの脳回路はコンパクトで、かつ単一細胞レベルでの遺伝学的ラベルが可能なので、このような包括的な理解に最適なモデルシステムです。

[参考文献]
Hige, T., Neurosci. Res. (2017) (Review)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28483586
Hige et al., Neuron (2015)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26637800
Hige et al., Nature (2015)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26416731

2018年1月からスタートする真新しいラボです。最もエキサイティングなラボの創成期を一緒に盛り上げてくれる意欲的な仲間を募集します。上記実験手法、特にイメージングを含むニューロサイエンス分野の経験者を希望しますが、ショウジョウバエの実験経験は不問です。むしろ他のモデル生物からの参入を歓迎します。物作り、プログラミングが得意な方も適格です。

ノースカロライナ大学チャペルヒル校の学問レベルは非常に高く、US News等の大学ランキングでは東大より上位です。特にニューロサイエンス分野では近年非常に活発なラボが集まってきています。また、すぐ近所の私学の名門デューク大学等と共にリサーチトライアングルと呼ばれる世界有数の学術都市を形成していますので、パートナーとのポスドク先探しも比較的容易です。治安も良く、生活費は比較的安価で魅力的なレストランも多数です。
着任時期 2018年1月以降で応相談。
待遇 大学の規定に準じます。
連絡先 今回の神経科学大会に合わせて一時帰国しますので、事前に連絡をいただければ会場にて直接お話しできます。その際、以下の内容をhiget@janelia.hhmi.org (ラボ主宰者:髭俊秀)まで送付してください。できるだけすぐに返信します。なお、会話やメール本文はもちろん日本語で構いませんが、書類は英語で用意してください。
  1. CV(推薦者2名以上の連絡先を含む)
  2. これまでの研究内容(A4、2ページ以内)
  3. 志望動機・提案課題(A4、2ページ以内、できるだけ具体的に)

5月23日

募集ポスト ポストドクトラル研究員募集 筑波大学・行動神経内分泌学研究室
専門分野 行動神経科学、行動神経内分泌学
研究内容 基盤研究課題「社会性の形成・維持を司る神経内分泌基盤の解明」に参画し、研究代表者および研究分担者と協力して研究を推進する。
https://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/12_kiban/ichiran_27/j-data/h27_j1324_ogawa.pdf
勤務先 筑波大学筑波キャンパス
茨城県つくば市天王台1-1-1 筑波大学総合研究棟D棟
採用時期 採用決定後約1ヶ月
任期 1年 (更新の可能性あり)
待遇 勤務時間:年俸制 週38時間45分(ただし、裁量労働制を適用)
給与:博士取得後の年数および経験年数に応じて、筑波大学の規定どおりに決定
保険:共済組合加入
その他の雇用条件は筑波大学の規定による
応募資格
  1. 神経科学、行動科学、生命科学のいずれかの分野での博士の学位を有すること。
  2. 行動研究の経験を有し、行動神経内分泌学領域の基礎知識があり、今後、この分野の研究を推進・発展させていく強い意志を有すること。
  3. 分子生物学、神経生理学あるいは、神経組織学のいずれかの分野の高度な研究経験を有することが望ましい。
応募書類 下記の1)〜5)の応募書類にカバーレターをつけて応募のこと。
  1. Curriculum Vitae (様式自由)
  2. List of publication (様式自由)
  3. これまでの研究活動(A4、1ページ程度)
  4. 2名の推薦者名とその連絡先
  5. 主な業績のコピー
応募方法
  1. 郵送の場合:下記連絡先へ、封筒に「行動神経内分泌学研究室ポストドクトラル研究員応募書類在中」と朱書きし、簡易書留で送付してください。応募書類は選考後も返却いたしません。
  2. E-mailの場合:応募書類1)〜5)をpdfファイルにしたものを、小川園子(下記連絡先アドレス)まで、添付ファイルで送付。メールのタイトルを「行動神経内分泌学研究室ポストドクトラル研究員応募」としてください。
大会でのジョブマッチング利用 日本神経科大会にPIも全期間参加しますので、会場にて直接お話することも可能です。興味がおありの方は、下記メールアドレスへ気軽にお問い合わせ下さい。
連絡先 〒305-8577 茨城県つくば市天王台1-1-1 筑波大学 総合研究棟D-409 小川園子
ogawa#kansei.tsukuba.ac.jp:#を@に置き換えてください
(電話による問い合わせには応じません。)

 

 

  
ページ上部へ